定款
組織図
事業計画
事業報告

シルバー人材センターとは

高齢者にふさわしい仕事を家庭・企業・公共団体等から引き受け、会員に提供する都道府県知事認可の公益法人です。   

自主的な会員組織です。会員は自ら組織や事業の運営に参画します。

就業や収入の保証はありませんが、各人の希望と能力に応じた働き方ができます。   

働くこと以外にも街路の美化などのボランティア活動を通じて地域社会に貢献しています。

高齢者の技能、技術を高めるために各種の講習を実施しています。

仕事以外にもサークル(同好会)活動などにも参加できます。

シルバー人材センターのしくみ

健康で働く意欲と能力を持った60歳以上の高齢者が集まって会員となり、会員の自主的な参加による公益的な団体で、営利を目的とした団体ではありません。   

センターの仕事は、臨時的かつ短期的又はその他軽易な仕事をご家庭、企業、公共団体等から請負又は委任契約により引き受けます。  
 
会員は、提供された仕事の内容について自ら判断し、条件があえば就業し、責任を持って仕事を完成させます。   

センターは、会員が働いた仕事量に応じて、配分金(報酬)を支払います。  

センター及び仕事の発注者と会員との間には、雇用関係は発生しません。そのため社会保険や労災保険などの適用はありません。  

会員が安心して働けるよう、見舞金的な制度としてシルバー保険(傷害・賠償責任保険)に加入しています。


シルバー人材センターの運営

センターの運営は、公益社団法人を構成する会員の総意によって運営されることが基本になっています。

センターは、自主的な会員組織で、会員は自分たちで役員を選び、総会で選任された理事で構成する理事会が、センターの組織や事業の運営上必要な事項について協議決定し、その責任と権限のもとに事業を執行しています。

センターの運営に要する経費は、国・市からの補助金、発注者からの事務費、会員が納める会費などにより運営しています。

定時総会
総会は、会員全体の意思が直接反映されるセンターで最も重要な会議です。

定時総会は、毎事業年度終了後3ヵ月以内に開催されます。

定時総会は、役員の選任、定款の変更、各事業年度の事業報告及び決算の承認等を行う会員による最高の意思決定機関です。

従いまして総会には必ず出席してください。
シルバー人材センターの組織

《センターの組織図》

公益社団法人高槻市シルバー人材センター
役 員 名 簿
役職名 氏名
理 事 長 山 川    明
副理事長 薦 田  優 子
常務理事兼
事務局長 
岩 村  浩 一 
理   事 石 谷    壽
理   事 上 瀧  禎 子
理   事 川 口  隆 志
理   事 久 保     仁
理   事 倉 橋     寛
理   事 小 島  章 司
理   事 初 代  元 夫
理   事 鈴 木  研 之
理   事  徂 徠  武 蔵
理   事 中 川  洋 子
理   事  長 島  常 勝 
理   事  長 縄  正 道
理   事   西 村  勝 男
理   事   蓮 井  武 志
 理   事  森     和 子
監  事  前 田  尚 之 
   
( 50音順 )  平成29年5月31日現在 
公益社団法人 高槻市シルバー人材センター
会員組織について
センターにおける会員組織は、地域を分割して各地域ごとに結成する「地域班」と、会員が就業する職種ごとに結成する「職群班」があります。

これらの組織を通じて会員の自主的活動を促進し、 シルバー事業の拡大と発展を図るものです。

≪地域班の役割と活動≫
地域班の果たす主な役割と活動は、「地域班の設置並びに運営規程」に定められていますが、次のようなことが挙げられます。

  1. センターからの連絡事項を会員へ伝達するための文書等の配布
  2. センターの役員や事務局と会員とのパイプ役
  3. 会員相互の交流、親睦のための事業の企画、実施
  4. センターの普及啓発・新規会員の入会促進のための活動
  5. 地域社会の仕事のニーズの把握及び開拓、開発のための活動
  6. 会員の就業及び未就業会員等に対する就業に関しての連絡調整・情報提供
  7. ボランティア活動、各種催し、文化活動(サークル活動)等の企画、実施
従って、入会されますと会員はすべて「地域班編成基準表」に基づいて各地域の「地域班」に属し、地域委員及び地域班長と共に、地域班活動をすることになります

≪職群班の役割と活動≫
会員の就業は共に助け合いながら共に働く、グループ就業が基本となります。

職群班の主な役割と具体的な活動は、「職群班の設置並びに運営規程」に定められていますが、次のようなことが挙げられます。 

  1. グループ内での仕事の配分の調整
  2. 仕事の手順、方針の徹底
  3. 仕事の進捗状況の確認
  4. 共同作業における会員間の連携
  5. 共働・共助による就業の徹底
  6. 安全・適正就業の徹底
  7. 技能系職種の会員の確保及び後継者の育成
  8. 技術、技能の習熟と向上のための訓練
これらのことを実施していくため、就業に際して職種等によりそれぞれの「職群班」に属し、職群班活動をすることになります。


事業計画
事業報告
 平成25年度    
平成25年度事業報告 平成25年度収支計算報告及び注記 H25報告(希望職群別年齢別会員状況
平成25年度事業実績表 平成25年度職群別実績表  平成25年度グラフ
H25年度報告(会員入退会状況  平成25年度財産目録  平成25年度貸借対照表
 平成25年度正味財産増減計算書及び注記    
 平成26年度    
 平成26年度事業報告 平成26年度収支計算報告及び注記 H26報告(希望職群別年齢別会員状況
 平成26年度事業実績表 平成26年度職群別実績表  平成26年度グラフ 
H26年度報告(会員入退会状況)  平成26年度財産目録  平成26年度貸借対照表 
平成26年度正味財産増減計算書及び注記     
 平成27年度    
 平成27年度事業報告 平成27年度収支計算報告及び注記 H27報告(希望職群別年齢別会員状況 
平成27年度事業実績表  平成27年度職群別実績表  平成27年度グラフ 
H27年度報告(会員入退会状況)  平成27年度財産目録  平成27年度貸借対照表 
平成27年度正味財産増減計算書及び注記     
平成28年度     
 平成28年度事業報告  平成28年度収支計算報告及び注記  H28報告(希望職群別年齢別会員状況
平成28年度事業実績表  平成28年度職群別実績表   平成28年度グラフ
H28年度報告(会員入退会状況)   平成28年度財産目録 平成28年度貸借対照表 
 平成28年度正味財産増減計算書及び注記