1.大阪府下センター(H28年度)重篤事故報告……堀委員長
    死亡2件:就業中(自動車)1件、途上(自転車)1件
      重篤事故のうち自転車事故が目立ちました。
2.自動車の安全運行について
    道路交通法改正について……成迫推進員、香川委員 
  
3.就業中の安全についての意見交換
 毒虫対策について……香川委員
 熱中症対策について(経口補水液等活用)
 年1回は健康診断を受けること!
  出席者:就業会員19名、安全委員7名、事務局3名


   平成28年度  平成27年度 
就業中 途上  合計  就業中 途上  合計 
実事故発生数   件数 195  92  287  157  100  257 
延べ事故件数  死亡  件数   2
後遺障害  件数   3  6
 金額(千円)  4,675 17,360  22,035   11,860 5,600  17,460 
入院  件数   38 33  71  32  37  69 
日数  1,087 1,587  2,674  1,194  1,382  2,576 
通院  件数   187 99  286  148  97  245 
日数   2,322 1,543  3,865  2,272  1,871  4,143 

 
 発生日 種類  性別 年齢  事 故 の 内容 
29.6.4 賠償  男  71 カート回収就業中に、カートがお客様の車の右後部ドアに当たり、へこませた。
29.6.13  傷害  男  68  斜面にイノシシ除けフェンスの取付け作業を行っていた所、足を滑らせ右腕を伸ばした時に、フェンスの一部が腕に刺さった。
29.6.29  傷害  女   68  駐車場の車止めブロックにつまずき転倒した。その際に左手小指を骨折、右ひざ及び左の顔面を打撲した。 
29.7.4  傷害  男  70  植木剪定中、フェンスを固定する金具が釘状になって残っており、気づかずに踏みつけて左足土踏まずに刺さり、二針縫った。 

 前年度は7月末までに9件の事故が起こり、これは年間の平均事故件数に相当し、過去に例のないほどの数になりましたが、本年度は4件で平均的な数となっています。数年前には女性の自転車事故が大変多く起こっていましたが、前年度から自転車の無事故が続いています。まだまだ暑い日が続きますので、特に熱中症、虫刺されなどに気を付けて事故のないようにしてください。
 ≪訂正とお詫び≫
 前回発行の安全就業通信(第60号)の「月別・年度別会員事故発生件数」の
表中に、一部数値の誤りがありました。正しくは、下線を訂正した下記表の通りです。
【平成28年度 月別会員事故発生件数】
( )内は前年度 

4 5 6 7 8 9 10 11 12 1  2  3 
傷害事故 0 0 3 2 0 1 0 1 0  0  0 7(4)
賠償事故 0 0 3 1 0 1 2 1 2  2  0 12(5)
合 計 0 0 6 3 0 2 2 2 2  0  0 19(9)
【 年度別 会員事故発生件数 】
年度  17   18 19  20  21  22   23  24 25  26  27  28  平均 
傷害事故 12  6.3 
賠償事故  2 7 12  4.8 
合 計  8 16  13  10  10  11  11  19  11.8
 

   
熱中症にご注意!
熱中症の発生は7、8月がピークです。 
★ こまめに水分・塩分を補給しましょう。 
  暑い日には、こまめに水分補給に努めましょう。汗をかく場合には、特に塩分補給も必要です。 
★ 服装にも工夫しましょう。 
  日傘や帽子をかぶり、通気性の良い服装を心掛け、時には氷や冷たいタオルなどで身体を冷
やすことも重要です。 
★ 体調管理をしましょう。 
   熱中症は健康な人でも起こります。前日に深酒をしたり、朝食を抜
いた人は熱中症を起こしやすいので注意しましょう。
 
★ 扇風機やエアコンを使った温度調節を。 
   昨今は節電の呼び掛けをされていますが、節電を意識しすぎるあま
り、熱中症になることのないよう注意しましょう。
 


上部へ↑